Sorato_ToyBox’s blog

中3。今を楽しもうよ系男子。

愛の怒り

先日、僕が大大大好きなTさん

から課題を示してもらいました。

 

「時には怒りのエネルギーを使う時もある」

 

 

僕は怒りのエネルギーがとても苦手で……

体験談でいうと、友達の喧嘩の仲裁に入って、僕の親友に暴力を振ったのでイラッときてその子と喧嘩しちゃったんです。

 

 

なんとかその場は凌いだんですが、その子の怒りのエネルギーが僕に来た時、傷一つつけられてないし、むしろ優勢だったのに涙が止まらなくなっちゃったこととか沢山あって…笑笑

 

 

口喧嘩とかもしだすと大体言葉で避難されなくても泣いちゃうとか…笑笑

 

 

 

 

多分ここが自分の課題だったんだな〜と。

 

 

 

僕は「起業」という道を選びました、経営者になるという夢を掲げたんです。

仲間を作って、一緒に使命に向けて走っていくことを決めた。

 

 

 

でも、今の僕では仲間を守ることが出来ないのかなって…

 

 

話を戻します、Tさんが何故その話をしてくれたのか。

 

 

その話をしてくれる前に、ちょっとしたトラブルがあって、僕に矛先が向いたんですよ。

その時にTさんが凄まじいエネルギーを使って僕を守ってくれたんです。

 

 

 

その時も僕は泣いちゃったんですけどね笑笑

  でも時間を置いて考えると、すごく頼もしくて素敵だなぁって思えてきたんです。

 

 

 

 

怒りって怖かったり負のイメージ。

でも、ものすごく強いエネルギーだったりもします。

 

 

怒りを遠ざけるのではなく、使うべき時があると僕は思いました。

 

 

 

 

 

 

 

それは

「護る」ときと、「戻す」ときです。

 

 

 

 

 

 

 

護るは、さっきのエピソードと同じ、自分が護らなければいけないものが危うくなってしまったらその怒りのエネルギーを使って護らなければ行けない場面があると思います。

 

 

 

戻すとき。

その人が、その人の望まぬ道に行ってしまった時。

話をしていくうちに違和感に気づくことがあると思います、その時にも愛の怒りを使って目を覚まさせてあげることが必要だと思います。

 

 

 

僕の使命は飛び立たせること。

優しく包み込んであげるだけではきっと戻せない人もいる。

圧倒するくらいのエネルギー、オーラを出すことも僕の課題なのかも知れません。

 

f:id:Sorato_hdcn:20180404231410j:image